レッドレグリオンズ

レッドレグリオンズ

BLOG

フル出場を続ける前キャプテン。 「シンプルに負けたくない」から頑張れる

2023年3月11日

開幕から全7試合にフル出場中。体を張ったプレーでチームを引っ張り、フィールドで頼れる存在感を放つ。「ひさしぶりに思う存分、試合に出られてうれしい」。今季、32歳の松永浩平に充実感が漂う。

この数年はけがに悩まされてきた。昨季も2度の肉離れにより、キャプテンながら出場できたのは5試合だけ。そこから今季はトレーニングを見直し、けがなくシーズンを戦える体作りに励んできた。

「肉離れを防ぐために、新谷(健一)S&C(ストレングス&コンディショニング)コーチらと相談しながらトレーニングをして、体重も減らしました。シーズン中もできるだけ全体練習にプラスでトレーニングをして、なるべく強度を下げないようにしています」

26歳のときからキャプテンとして中国電力レッドレグリオンズをけん引してきたが、今季からはその役割を若手二人に託した。6年間背負ってきた重責から解放されたことも大きい。

「キャプテンのときはチームのことを一番に考えていたけど、いまは自分のパフォーマンスでどうチームに貢献するかを考えている。自分にベクトルを向けられるので、気持ち的にはラクですね」

心身ともに充実している松永は、22年に加入した松田進太郎とフランカーの“松松コンビ”でコンスタントに安定したパフォーマンスを発揮。今季のスローガンでもある「成長」のためにも、松永は9歳年下の後輩を誘って自主練習に取り組んできた。

「僕から誘っていて、彼から『やろう』って言われたことはないです(笑)。でも、僕が練習したいのもあるし、バックローのレベルを上げたいのもあるので。ちょっとでも教えることがあればいいなと思ってやっています」

松田はそんな先輩のことを「一番ヤバい人です(笑)」と言う。「試合の走行距離で僕よりちょっと走れなかっただけで、『負けた』って悔しそうにしている。ほぼ10歳上でもそんなにずっと高いモチベーションでやり続けられるのがすごい。だからずっと試合に出られていると思います」

松永本人も「ベテランでもまだ成長したいし、常にうまくなりたいと思っている」と衰えない向上心を持つ。その根底にあるのは、「負けず嫌い」だ。

「モチベーションはこのチームに入ってから全然変わっていない。シンプルに負けたくないから。味方にも、目の前の敵にも、自分にも負けたくない」

今節はマツダスカイアクティブズ広島とのダービーマッチ。松永にとって生まれ育った広島は「大事にしたい場所」。そんな地元でのプライドを懸けた試合も負けたくない。充実のシーズンを送る元キャプテン、その心は闘争心に満ちている。

(湊昂大)

ABOUT US

MORE

BLOG

MORE

NEXT MATCH

04.27-SAT
クリタウォーターガッシュ昭島

14:00【HOST】-KICK OFF Balcom BMW stadium

GAME

TOPへ戻る